Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

鋳造部品のガス量・成分分析

login
製品・サービス

品質評価

鋳造部品のガス量・成分分析

アルミダイカスト品、低圧鋳造品、金型鋳造等の内部に含まれるガス量測定により、鋳造品の内部欠陥の対策に効果的。特にダイカスト品の加工後の巣や圧漏れ対策に最適。

こんな方におすすめです

  • もっとガスを減らしたい
  • もっと高性能部品を製造したい
ガス量測定装置


アルミ鋳造品の内部ガス分析で改善すべき原因を特定!

こんな「困った」ありませんか?

  • 加工面の鋳巣
  • 塗装後の膨れ
  • メッキのピンホール
  • 湯じわ
  • 湯廻り不良

ガス分析をすると原因がわかります

  • 鋳造方案の不適
  • 鋳造条件の不適
  • プランジャーオイル過多
  • 離型剤過多

橋本エンジニアリングのガス量測定・成分分析

アルミ鋳造品の内部ガス分析により、鋳造不良の原因がわかります。

鋳造法 限界ガス量 熱処理・溶接可能 生産性 コスト ニアシェイプ性
普通ダイカスト 8.0CC/100g ×
真空ダイカスト 5.0CC/100g
PF法ダイカスト 2.5CC/100g
低圧・重力鋳造 0.5CC/100g ×
※ニアシェイプ性(ニアネットシェイプ成形):機械加工や電気加工などの除去加工の手間やコストを減らすことを狙い、最終製品に近い形状を得る成形法をいう。

鋳造法別ガス量参考値

ガス量分析サンプル

ガス成分分析報告データ例

短納期で測定!材料入荷後一週間程度で検査報告書をご提出

ご要望やお困りごとをお聞かせください、お見積ご提出します。
ご納得いただければ70~1,500g程度の測定物を郵送してください。材料入荷後一週間程度で検査報告書をご提出致します。
納期につきましては、別途ご相談下さい。

測定物サイズ範囲

体積 φ150mm×195mm
重量 70~1,500g
(ガス成分分析が必要な場合は100g以上が好ましいです)