Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

私たちについて

login

代表挨拶

橋本エンジニアリング株式会社は、浜松市の基盤産業である輸送機器産業をメインとし、
金型、治工具の製造業として約50年間創業してまいりました。
しかし2008年リーマンショックにより、私たちは生まれ変わりました。
「20年後も30年後も生き抜く」。
この思いを目標に、輸送機器産業だけに留まらず、自社の保有技術を多方面に展開すべく、
さまざまな経営戦略を立てました。

ブランディング戦略 100%下請けからの脱出、メーカーになる!

オリジナル商品を開発し、自らがメーカーになることにより、
さまざまな外部要因から会社を守り、逆境の時代でも維持反映させていく。
この思いから若手6人で開発チームを立ち上げ、今までどこにも出来なかった
マルチマテリアル構造を世界で初めて採用した、世界最軽量車いす「MC-X」の開発に成功しました。
「MC-X」の誕生により、今まで難しかった女性の車いすの方や上半身に障害がある車いすの方でも、
自分の力で車いすを車に乗せたり移動させることが可能になりました。
デザインもレーシングカーデザイナーに依頼し、今までの車椅子にない斬新でスタイリッシュなフォルムを採用しました。
まさに「乗る喜びを極める」車椅子を完成させました。

海外進出 新興国需要の獲得

輸送機器産業は日本の人口減少、海外での地産地消化によりジリ貧の傾向が否めない状況です。
しかし当社は「スタッフの幸せ」を第一に考え、会社を維持繁栄をしていかなければなりません。
そのためには今後も成長が見込まれる新興国に進出して需要を取り込み、日本に回し向ける事を決断しました。
さまざまな新興国に実際に出向き、自らの目でリサーチし、その結果
人口2億5千万人、非常に親日的であり、今後30年は成長が見込まれるインドネシアに進出を決断。
自動車部品の製造を行うべく進出しました。
進出二年目にして自社工場も設立し、今後はインドネシアを拠点として
ASEAN各国にも展開をしていきたいと考えています。

その他当社は「スタッフの幸せ」のため会社を維持繁栄すべく、
保有技術を活かしたさまざまな新展開を推進しております。

また、2015年からスタートした経営戦略「ワクワク大作戦」は、
スタッフ皆がワクワクした気持ちで業務に取り組むことができれば、必ず良い成果が生まれる、
と言う思いから始めました。
当社の強みである創意工夫を活かした新事業の提案や業務改善を
「ワクワク」しながらより積極的に行っていく考えです。
当社は「スタッフの幸せ」を第一に考え、さまざまな展開を推進していき、
これまで解決できなかった世の中の多くの課題に対して、
私たちの技術と知恵と力は、社会全体に貢献できるものと信じています。
私たちは、革新しながら成長を続けていくことで、ものづくりの革命を牽引していく企業でありたいと思います。

代表取締役橋本裕司