Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

車椅子MC-X 特徴・性能

login

高級感あふれるフォルム

レーシング・マシーンのデザイナーによる
斬新なデザインで、見る者全てを魅了する。

素材と技術が生み出した超軽量

浜松市の「匠の技術」により軽量素材を
適材適所に組み合わせたマルチマテリアルボディ。

しなやかさを併せ持つ剛性

高強度、耐食性、耐衝撃性等の多機能化により
軽いだけではなく、竹のようにしなやかな剛性を見事に両立。

マルチマテリアルボディー

「マグネシウム、カーボン、チタン」という3種の高強度軽量材料の組み合わせにより、
超軽量&高剛性を実現する超高性能ボディを実現。

次世代自動車の車両軽量化技術開発では、急ピッチでマルチマテリアル化が進みつつある。これは、例えばチタンとアルミニウムのような軽量素材を適材適所に組み合わせ、車両全体の軽量化を実現する手法である。MC-Xはこの究極の軽量化、マルチマテリアルボディの採用を車いすで初めて成功させた。材質が大きく異なる素材の接合技術や、安全性を保証する上で欠かせない接合部の性能評価技術等、マルチマテリアル化は非常に難易度の高い技術を要するが、世界トップレベルのオートバイ製造技術を持つ浜松市の「匠の技術」で培ったノウハウと、はままつ新素材事業化研究会の新技術の採用、マテリアルプロフェッショナルによる技術指導で見事に実現させた。さらに高強度、耐食性、耐衝撃性等の多機能化をも実現させ、超軽量化と高剛性化を見事に両立させた究極の車いすが完成した。

実用金属で最も軽く、振動&衝撃吸収に優れるマグネシウムボディ

マグネシウムの比重は1.8。アルミニウムと比べ比重2/3、鉄と比べ比重1/4と実用金属中、最も軽い。マグネシウムは振動エネルギーの吸収に優れていることから、乗り心地にも違いが生まれる。さらに、アルミよりも髙い延性を示す合金であるため、強い衝撃が加わった際、破断する事無く、その衝撃エネルギーを吸収することができる。

マグネシウムを「繋ぐ」匠の技ウェルディングテクノロジー

マグネシウムは実用金属の中でも、車いすに適した材料と言える。しかし、フレームの接合は溶接構造であるため熱容量が小さい、粘性が低い、溶落ちが早い、低融点で酸化されやすいなど厳しい課題を有したため、今まで車いすではあまり使われてこなかった。しかし、オートバイの街、浜松ではマグネシウムフレームの溶接技術を既に確立しており、その技術がMC-Xプロジェクトに注ぎ込まれ、超軽量&高剛性のマグネシウムフレームを完成させた。

アルミダイキャストと並ぶ高強度を実現CFRPコンポジットホイール

樹脂にCFRP長繊維をコンポジットする射出成形技術を新たに開発。
強度はアルミダイキャストに匹敵し、軽量と高強度を融合させた。
そしてオリジナル三本スポークの生み出す陰影は、多くの目線を独占する。

※画像は開発中のものです。実際の製品とは異なる場合があります。

軽量・高強度・高耐食チタン・ハンドリム/チタン・シャフト

チタンは強く、軽く、耐食性に優れた金属。比重は鉄の半分、強さは鋼に匹敵する。
医療の現場でも用いられるほど、生体親和性に優れ、金属アレルギーを起こし易いユーザーに対して効果を発揮するため人体に影響の少ない材料といえる。

専門機関連携開発シーティングテクノロジー

理学療法士とシーティングプランナーによって開発されたオリジナルシートは、長時間の使用や長距離の移動時にも適正な座位姿勢を保つ事が可能。微調整も簡単に行えるほか、肌に直接触れる素材にも拘り設計。

個性的なフェイスモノコックフレーム

レーシングマシーンに採用されるボックスフレーム構造を、MC-Xフレームデザインに注ぎ、高剛性と超軽量化を実現。また、二輪デザインのエッセンスを注ぎ込んだサイドモノコックフレームには、エンボス加工を施す事により剛性としなやかな走行性も発揮。個性的な意匠はユーザーの研ぎ澄まされた感覚を刺激する。

構造力学によるオリジナルシルエットCFRPキャスターフォーク

キャスターに加わる衝撃を効率良く逃すため、構造力学を応用し、デザインと設計を行った。
そのシルエットをCFRPから贅沢に切りとり、フレーム最前で主張する。

「デザイン」or「乗り心地」をお好みでチョイスキャスター

サイズは3インチ・4インチの2種から選択。

機能美を追求サイドオープンブレーキ

走行時にはフレーム内側へ格納され、使用する際にのみ横掛けで機能する。
MC-Xはブレーキにも相応しいデザインを追求する。